ハワイ旅行・情報サイトゥ
ハワイ情報


ハワイ旅行の基礎,常識,過ごし方〜オアフ島,ハワイ諸島の紹介まで

★チップの基本的な考え方★
アメリカでは、チップとは、
受けたサービスに対して支払うお金と考えられています。

社員の給料や請求書とは別途の金額として、
アメリカの社会習慣となっています。

レストランでは、
伝票に記載された金額の
15%から20%程度の金額をチップとして、
テーブルに置いて帰るのがエチケットです。

日本では、心づけとして、
お世話になった人に
お金を渡すこともありますが、
今の時代にこのような心遣いをする人は
少なくなりました。

アメリカのレストランで働く人々の賃金は、
チップを貰えることを前提に、
低く設定されています。

チップの収入を含めて、
他の職業の人々と同等のお給料になるので、
チップは大きな収入源となります。

レストランで働く人は、
チップ収入を申告する義務があります。

チップ収入が少ないと、
国税局からチェックが入ります。

また、チップ以外の基本給から
納税される金額が多く、

チップは、大きな収入源であり、
頑張った働いて得たお金なのです。

UP▲

~ハワイの常識へ
~TOPへ


Copy right(C)
ハワイなび
All Rights Reserved.